日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

【開店】ターザンマニア

神奈川県相模原市 2016年7月16日(土)オープン

ターザンマニア

富士急行株式会社が神奈川県相模原市で事業展開する「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」では、森に囲まれたアスレチックフィールド「ターザンマニア」を平成28年7月16日(土)にオープンいたします。

◆森に囲まれたアスレチックフィールド
 「ターザンマニア」は、さがみ湖リゾートの豊かな森の中、起伏に富んだ斜面に建てられた12種類のアスレチックフィールドです。このアスレチックをクリアするためには、ぶら下がる・よじ登る・飛び移る・引っ張るなど様々な運動能力を駆使する必要があり、まさにターザンになったかのような体験ができます。

◆陸上と水上合わせて12種類のウッドアスレチック
 「ターザンマニア」には子どもだけでなく大人も思わず夢中になってしまうアスレチックが揃っています。ロープにぶら下がって森の中を滑空する爽快感抜群の「ターザンロープ」、ロープを掴んで芝の斜面をよじ登る「斜面のぼり」、水面でゆらゆら揺れるイカダに次々と飛び移る「イカダ橋」、水上に浮かぶタルに乗りロープを引っ張って向こう岸を目指す「タル舟」など、合計12種類のアスレチックが揃います。これらのバラエティに富んだアスレチックをクリアするためにはカラダを目一杯使うことはもちろん、バランス感覚や遊び方を見つけるひらめき力も求められます。

◆親子でチャレンジ
 また、森の中にそびえる巨大なアスレチックを目の当たりにすれば、大人でも思わず挑戦心を掻き立てられてしまいます。小さなカラダを活かして大人顔負けにアスレチックを突破していくお子さまの姿を見ながら、親子で協力して12種類のアスレチックを乗り越えてゴールした時には、自分たちでも気づかない内に汗だくになり、親子揃って言葉にできないほどの大きな達成感を得ることができます。

◆人気アスレチックの第4弾
 さがみ湖リゾートには現在、考えるアスレチック「ピカソのタマゴ」、立体迷路「カラクリ砦」、空中アスレチック「天狗道場」と、3種類の体験型アトラクションがあり、年間約40万人が挑戦する人気アスレチックとなっております。「ターザンマニア」はこれらに続くアスレチックシリーズの第4弾となります。新たに水上アスレチックの要素が加わることで、幼児から小学生のお子様に向けてより幅広い楽しみ方のできる施設となります。
【ターザンマニア概要】
■開 業:平成28年7月16日(土)
■コース:(1)~(12)のアスレチックに連続して挑戦する1コース
■所要時間:約30分
■料金:700円 ※フリーパス利用可
■利用規定:10歳以上(9歳以下は要付添い)

「ターザンマニア」12種類のアスレチック詳細
(1)バランス渡り
    ・・・不揃いの丸太やロープ、リングを足場にして渡る。ジャングルの不安定な足場をのり切ろう!
(2)連続アスレチック・・・網やロープ、丸太を組み合わせた障害物が行く手を阻む!
(3)額縁くぐり・・・いろいろな大きさの宙吊り木枠をくぐって進む。ジャングルの奥地へ進んでいこう
(4)丸太吊り橋・・・ゆらゆら揺れる丸太の吊り橋。突然吹き出す水柱に注意!?
(5)イカダ渡り・・・イカダに乗って池渡り。ロープを引いて向こう岸を目指そう
(6)タル舟・・・タルの舟に乗って池を渡ろう。水に落ちないように注意!
(7)イカダ橋・・・水面にゆらゆら浮かぶイカダを飛び移って進もう!
(8)斜面のぼり・・・ロープを掴んで芝の斜面を駆け上がろう
(9)輪移り・・・宙吊りのリングを渡って進む。身軽さとバランスが重要。
(10)ターザンロープ・・・ロープにぶら下がって森の中を滑る用に滑空する。気分はまさにターザン!
(11)ゆらゆらロープ・・・Uの字に吊るされたゆらゆら揺れるロープを渡る。落下注意!
(12)丸太渡り・・・ジャングル最後の難関。落ちないようにあせらず進もう。ゴールは目の前!
※(1)~(3)および(8)~(12)は陸上アスレチック、(4)~(7)は水上アスレチック

住所 〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634
電話番号 042-685-1111
アクセス 車・東京埼玉方面から中央自動車道相模湖東出口から約7分
横浜方面から圏央道相模原ICから約15分、圏央道高尾山ICから約20分
電車・JR中央本線相模湖駅下車三ヶ木行き約8分プレジャーフォレスト前下車 
営業時間 9:00~18:00
定休日
HP さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト
備考 入園料:大人1,700円 小人・シニア1,000円
フリーパス:大人3,900円 小人・シニア3,100円


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。