日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

【開店】PROTEIN BOWL

北海道札幌市中央区 2021年3月16日(火)オープン


PROTEIN BOWL
プロテイン料理に特化したテイクアウト専門店「PROTEIN BOWL」が3月16日オープン。オープンキャンペーンとして
オープン記念サラダボウルを500円で提供いたします。3月16日〜21日。
この度、北海道札幌市で飲食事業を行うCHEFUP(代表 丹野望)は、コロナ太り解消のため自宅でトレーニングをする人が急増していることを受け、自宅で高タンパク質で美味しい料理を楽しめるテイクアウト専門店「PROTEIN BOWL(プロテインボウル)」をオープンします。

 たんぱく質補給食品市場では、筋力トレーニング時のたんぱく質摂取の重要性が理解されたことやローカーボの普及、体を鍛える人が増えたことなどから好調で、市場は二桁成長(前年比119% 『たんぱく補給食品の国内市場を調査』2020年10月26日 ※冨士経済調べ)を続けています。また新型コロナウイルス感染症でのコロナ太り・運動不足解消の目的やテレビ番組のプロテイン特集で各種たんぱく補給食品が取り上げられたことで需要が増加しています。

 昨今のプロテインブームにより大手コンビニエンスストアでサラダチキン等の高タンパク食品を手軽に手に入る様になった一方で、高タンパク料理を提供する店は少なく、トレーニング中やダイエット中の方にとって食の選択肢が狭いのが現状です。そこでPROTEIN BOWLでは、サラダ、スープ、メインディッシュ、デザートのすべてを高タンパク・低脂質の食材で提供します。
コンセプト:美味しく毎日食べても飽きない高タンパク・低脂質の料理を提供する。
特徴① アスリートフードマイスター監修のメニュー。1食でタンパク質の他、ビタミン・ミネラル、食物繊維など1日に必要な栄養素が摂取できる高栄養価サラダボウルを提供しています。※アスリートフードマイスターとは:アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・競技別・タイミング別に、最適な食プログラムを提供する人材で、一般社団法人日本アスリートフード協会が認定する民間の資格です。
特徴② こだわりの超長時間の36時間低温調理。36時間かけて低温調理した牛赤身ローストビーフと北海道産真昆布で締めた知床鶏は極限まで柔らかくジューシーでとろける美味しさです。
特徴③ デザートも妥協しない高タンパクパンケーキ。タンパク質を40gが摂れてそれでいて、バターも砂糖も使わない罪悪感ゼロのパンケーキです。

情報のご提供は 丹野 さま ありがとうございました。

住所 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西11丁目23-1
電話番号 050-6874-6402
アクセス 東西線 西11丁目駅
営業時間 ランチ11:00~14:00 ディナー17:00~20:00
定休日 月曜日 
HP WEBSITE
備考


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。