日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

【開店】ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所 ビジターセンター

宮城県仙台市青葉区 2017年3月27日(月)オープン

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)のウイスキー製造子会社であるニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 岸本健利)は、仙台工場宮城峡蒸溜所内の見学施設として「ビジターセンター」を新設し、2017年3月27日(月)からグランドオープンします。

<「ビジターセンター」概要>
■エントランスホール
・実際に蒸溜に使用していたポットスチル(ウイスキー単式蒸溜器)を展示し、ウイスキー蒸溜所ならではの空間を演出しています。通常は床下に埋められているポットスチル下部もご覧いただけます。NHK連続テレビ小説「マッサン」の撮影にも使用されたものです。
・壁面には創業者・竹鶴政孝のウイスキーに対する想いを表した“言葉”や、宮城峡の四季折々の自然風景を映写し、見学の期待が高まる展示空間としました。
■シアター
・「宮城峡物語」と題した約6分の映像を放映します。
「ビジターセンター」新設にあたり、新たに制作した映像です。
・「宮城峡物語」は、ニッカウヰスキー第二の蒸溜所・宮城峡蒸溜所の建設によって、竹鶴政孝のウイスキーづくりへの夢が結実し、現在・そして未来へとつながっているというストーリーです。
■常設展示コーナー
・常設展示コーナーは、7つのパートに分かれています。「ニッカの蒸溜所」「宮城峡蒸溜所のウイスキーができるまで」「樽の効用」「カフェグレーンウイスキー」「ブレンド」「ニッカウヰスキーの歴史」「企画展示コーナー」です。
①「ニッカの蒸溜所」
宮城峡蒸溜所と余市蒸溜所の違いやウイスキーの香りの違いを体験することができます。
②「宮城峡蒸溜所のウイスキーができるまで」
モルトウイスキーの製造工程順に原料となる大麦やピート(草炭)の実物、糖化槽や醗酵槽の中のイメージ、蒸溜器の違いや貯蔵年数による味わいの差などを“知る”“体感できる”展示があります。
③「樽の効用」
貯蔵に使われる樽の種類によって生じるウイスキー原酒の違いなどを体感いただくことができます。また、使用されている樽の大きさなども実感いただくことができます。製樽工程で行われている樽内面焼き(チャー)を映像でご覧いただくことができます。
④「カフェグレーンウイスキー」
世界でも希少な蒸溜機の仕組みや製造工程を、実物模型やモニター映像でご覧いただけます。
⑤「ブレンド」
香り体験展示が合計9ヶ所あり、ブレンダーになったような気分を味わうことができます。
⑥「ニッカウヰスキーの歴史」
ボトル展示を中心に80年余のニッカウヰスキーの歴史を感じていただけるよう工夫しています。
⑦「企画展示コーナー」
オープニング時には、創業者・竹鶴政孝とその妻リタの生涯をパネルと当時をしのばせるゆかりの品々を展示します。NHK連続テレビ小説「マッサン」でのストーリーを彷彿させる展示です。このコーナーは、約半年ごとに定期的にテーマを変えて、ウイスキーにまつわる様々な企画展示を実施します。
■ウイスキーテイスティングの有料プログラム
・講師の解説を聞きながら、ウイスキーのテイスティングができるプログラムです。新設したセミナールームで実施します。
・宮城峡蒸溜所でつくられるタイプの違うモルトウイスキー3種とカフェ式連続式蒸溜機で蒸溜したグレーンウイスキー1種を試飲します。
・各回の定員は24名で、所要時間は約80分です。土・日曜日、祝日の各日2回実施します。受講料はお一人様1,000円(消費税込)で、本年4月下旬より実施します。ニッカウヰスキーホームページからの事前予約が必要となります。

住所 〒989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
電話番号 022-395-2865 ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所ご案内係
アクセス JR仙台駅からJR仙山線作並駅まで:約30分
営業時間
定休日
HP
備考


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。