日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

11/15【開店】サクラインターネット石狩データセンター

サクラインターネット石狩データセンター 2011年11月15日(火)オープン

サクラインターネット石狩データセンター

さくらインターネット、2011年11月15日に石狩データセンターを開所
~外気冷房の活用によりPUE1.11を実現し日本のITコストを世界標準へ~

国内最大級のバックボーンネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、2011年3月より北海道石狩市に建設を進めておりました石狩データセンターを竣工し、2011年11月15日に開所いたします。

石狩データセンターは、クラウドコンピューティングに最適化された日本最大級の郊外型大規模データセンターで、北海道の冷涼外気を活用した外気冷房によるエネルギー効率の向上、建物から設備にいたるまでの徹底したモジュール設計による柔軟性、そして東京ドームの約1.1倍という広大な敷地によるスケールメリットにより、圧倒的なコスト競争力を実現します。

石狩データセンターは、北海道の冷涼な気候を活用した外気冷房により、ほぼ通年でサーバルームの外気冷房が可能です。データセンターのエネルギー効率をあらわす指標であるPUE※は、通常外気冷房のみで1.11、夏季に従来型の空調運転をおこなった場合でも1.21を実現します。また、外気冷房により空調コストは約4割削減できる見込みです。

東京ドームの約1.1倍という広大な敷地に、1棟あたり最大500ラックまで対応できる分棟式の建物を、最終的には8棟最大4,000ラックまで増設する予定です。なお、開所時には、2棟分を建設し、サーバラックを200ラック設置します。データセンター自体を分棟式とすることで、当初から大規模な建物を建設する必要がなく、需要動向に応じた拡張が可能です。サーバルームは100ラック毎のモジュール設計で、非常用発電機やUPS(無停電電源装置)もサーバルームごとに設置するモジュール型です。これらは、建物と同様に需要動向に応じた拡張が可能であり、その時々の最新の技術を採用することができます。

当社は、大規模な敷地によるスケールメリット、北海道の冷涼な外気を活用した外気冷房の導入により、圧倒的な低コストを実現し日本のITコストを世界標準へ押し下げることを目指します。

住所 北海道石狩市
電話番号 広報宣伝チーム03-5332-7072
アクセス JR学園都市線:拓北
営業時間 24時間
定休日 年中無休
HP 石狩データセンターブログ
備考



より大きな地図で 石狩データセンター を表示

SNSでフォローする

コメントを残す

関連記事
No articles