日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

7/18【閉店】みたか温泉 新鷹の湯

みたか温泉 新鷹の湯7月18日(月)閉店

◆ 閉店のお知らせ ◆
平素はみたか温泉 新鷹の湯をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
開店以来ご愛顧頂いて参りましたが諸般の事情により平成23年7月18日を持ちまして閉店とさせて頂きます。
皆様にお引き立て賜りましたことに心より感謝申し上げると共に閉店に伴いご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。
引き続き平成23年7月18日までご来館頂きますようお願い申し上げます。
尚、会員募集は終了とさせて頂きます。
                             平成23年5月19日 みたか温泉 新鷹の湯 支配人

住所 〒181-0014 東京都三鷹市野崎1-13-2
アクセス 電車・バス・JR中央線・総武線:三鷹駅 三鷹駅南口より小田急バス【鷹52】朝日町行き又は車返し団地行きに乗車
医師会館前バス停下車徒歩3分
車・東八道路天文台北交差点西へ1.2km
営業時間 10:00~24:00
定休日 毎月:第2水曜日
HP みたか温泉 新鷹の湯
備考



大きな地図で見る

SNSでフォローする
Comments (10)
  1. earlygirl より:

    うむ。たしかに周辺の施設と比べて高めの設定でした。

    が、それ故に、人も少なく快適であったとも云えます。

    空間設計や設備も、そこらにある浴場のコンセプトと異なり、それなりに拘りは感じられましたが、大衆ウケはしなそうでしたね。

    子供がうろちょろしてたり、客層も良かったので少し残念ではありますが…
    ロケーションとこのご時世に馴染まない設定がやはり経営、継続的なサービスを考えるとあまあまだったように思います。

    このタイミングでこの風呂の情報たどり着いたのは、新鷹の湯で使われていた炭のシャンプー&リンスがとってもよかったので、それを確認させて頂こうと思った次第です。

  2. 名ばかり温泉 より:

    亜人さんのおっしゃるとおり、潰れて当然ですね。
    温泉とは自然湧出の湯をそのままかけ流して使用するからこそ、人間の体に恩恵をもたらしてくれる、
    いわば自然からの贈り物です。
    あんな金儲け目的の商業施設で、ボーリングしてわずかな量を汲みあげて塩素を大量にぶちこんで
    循環させた不自然な液体は、もはや温泉などというものではなく排水レベルです。
    あれを温泉といって2000円もボッタくる商売が破綻して当然です。
    あんなものを有難かっている人は、本物の温泉に入ったことがないのでしょう。

    温泉に入りたいのなら、こんな虚業の都市、東京の金儲け施設ではなく、おとなしく東北に行きましょう。

  3. 鷹場のファン より:

    閉店に心底残念です。鷹場時代は、里帰りの楽しみに、毎回子連れで伺ってました。子供を、祖父母に託して、レストランで飲食させている間に、私はマッサージしたり、あかすりしたり、リフレッシュしていたんです。作りものびのびしていて、気に入っていました。子供連れが駄目になってから、うかがえずにいましたが、下の子が、もうすぐ小学校を卒業するので、また行けると思って、最近の様子をさぐってネット検索したら、いきなり「閉店」。残念でなりません。
    再開を望みます。誰か、引き継いでくれないかしら。

  4. 不景気ゆえ、、、 より:

    本当に素晴らしい温泉だった。
    心底、落ち着ける東京郊外の秘湯、って感じだったけどね。
    しばらく行けなかったけど、毎週通っていた頃、私にとっては数少ない、ささやかな贅沢の一つでしたよ。
    あの独特の雰囲気、匂い。広い天井を見上げながら、1週間の疲れを癒したもんだよ。
    また通えるようになる日を待ち望んでいたのだが、本当に残念。
    思い出になってしまうと考えると淋しいね。
    通勤ラッシュみたいな、芋の子を洗うようなスーパー銭湯とかが繁盛して、本当に落ち着ける静かな風呂はつぶれてしまう、ってことかね。
    皮肉なもんだね。

  5. 大学生 より:

    近くに住んでいたときは試験の終わりに、ちょっとした贅沢でこの温泉に入るのが楽しみでした。
    なくなってしまったのは非常に残念です。

    1. kai-hei より:

      大学生さんをはじめ、今までこちらの記事にコメントしてくださった方、ありがとうございます。
      私自身、温泉が大好きです。
      こちらを利用させて頂いたことがないのでシステムや設備について何か言うことは出来ませんが、震災で建物に被害がもし無いのであれば違う事業者が入って再開されることを祈っております。
      また、その時【開店】の記事を書かせて頂くのを楽しみにしております。

  6. 松原 朋美 より:

    心から残念です。大人しか入れない雰囲気が気に入り、以前は会員になっていました。リニューアルとかではなくて、閉館ですか。。。ミツバチがたまにくる露天が一番好きでした。

  7. onsen55 より:

    たしかにひどいけなし様・・
    清掃も行き届いていて、浴槽も広く、月を見ながらの露天もあったし、
    とにかく人が少なくて、のんびりとリラックス出来る温泉施設でした。

    大人のスパさんがおっしゃっているように、
    塩素の臭いもあまりしなかったし、しっかり温泉臭いがあって、
    コーヒー色も濃かったです。

    いつもすいていたので、経営状態を心配はしていましたが。。
    閉鎖されたことを知って結構ショックです。

    最近のお気に入りは、お○呂の王様ですが、
    あそこはいつも混んでいて。。
    多少高くてもゆっくりできる温泉施設を探したいと思いますが。。

  8. 大人のスパ より:

    なんかひどいコメント書かれてるけど、相当趣味が合わなかったんでしょうね
    まあ確かに高めだけど
    あちこちエチケットの通じる立派な温泉でしたよ、鷹場の湯時代だけでした(今でも行きたい)けど繁く通いました
    きちんと温泉臭(東京の、のちに臭いを消したけど)だったし、あれだけ天高があってひのきの大きな内湯に贅沢に入れて、露天も雰囲気あるし(屋根には覆われてなかったと思うけど)のんびりするにはもってこいでちゃんとした東京の温泉でした
    千○の湯も好きでしたが、ストレス対策で行ってたので目的が全然違います
    でもそういう贅沢って経営的には厳しかったんでしょうね 小学生?や幼児は入れなかったのも

  9. 亜人 より:

    一回だけ行ったが、あれが温泉って、笑わすんじゃないよ!温泉らしい湯壺は内湯にたった一つ、露天とは言えない露天風呂が一つのみ。あとは普通の銭湯と変わらない、或いは銭湯以下の湯壺が2つのみ。細々汲み上げてる(?)湯を循環・濾過・加温して、2000円近い料金取って、露天風呂に至っては、雨で薄まるのから守る為、ほぼ屋根に覆われ、周りは高い塀に覆われ、どこが露天だぁ!あれなら近くの銭湯(深○湯、千○の湯)の方が数千倍良いわ!休憩所がどうこう誉めてる人いるけど、ここ以外でもほぼ一緒でしょ!2000円も払ってるので、ある意味当然!

コメントを残す