店舗・在庫品の買い取り

閉店に至る理由は様々。しかし、一般的に物件契約を終了するほとんどの場合「原状回復」、それを壊してスケルトン(コンクリート打ちっ放し状態)の状態にまでして返さないとなりません。
次に入居する店舗が違う業種だったり全く違う内装のデザインを希望する場合、大家さんが店舗の内装を戻す費用を負担しなければならないからです。
そこで、退去するお店と次に同じエリアで同じ業種を始めようとするお店を仲介して仲の造作物や設備をそのままの形で引き継がせるシステムが出来てきました。
今まで頑張って続けてきたお店なら、ちょっとでも高く買ってもらいたいところです。
無料掲示板で居抜きで後に入ってくれるオーナーさんや買取業者を探してみましょう!

閉店掲示板はこちら