日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

7/16【開店】ローラーコースター 高飛車

新・大型ローラーコースター「高飛車」2011年7月16日(土)オープン!!

高飛車

富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、取締役社長:堀内光一郎)では、富士山北麓で展開するアミューズメントパーク・富士急ハイランドに総工費約30億円の新・大型ローラーコースター「高飛車(たかびしゃ)」を導入し、今夏7月16日(土)にオープン致します(予定)。
これにより「FUJIYAMA」「ドドンパ」「ええじゃないか」と合わせ富士急ハイランドに「4大コースター」が揃います。
「高飛車」はリニアランチ方式による直線加速と、垂直巻上げによる落下という、二種類の加速が楽しめるコースターです。リニアランチ方式による直線加速は風を切るほどの“加速感”を体感できます。また、垂直巻上げでは“空を見ながらの姿勢での上昇”、直後の“落下姿勢での一時停止”、“最大落下角度121度のえぐるような落下”と息つく間もないほどの絶叫体験が待ち受けます。

最大落下角度121度は世界最大となり、ギネス世界記録に申請中です。
この申請が認められると、通算14個目のギネス世界記録獲得となり、1996年の「FUJIYAMA」以降、大型コースターを導入する度にギネス世界記録を獲得するという快挙となります。その他、暗闇の中での走行や7箇所もあるひねり(回転)など様々な要素を兼ね備えております。

尚、富士急ハイランドではこの「高飛車」導入に伴い、2011年7月16日(土)より料金改定を行います。具体的な料金は別紙の通りです。料金改定は2006年7月以来となり、
この間「ナガシマスカ(2008年7月)」、「鉄骨番長(2009年7月)」、「EVANGELION:WORLD(2010年7月)」などの新規アトラクションを毎年オープンしてきました。当社では今後もエキサイティングなアトラクションの建設やイベントなどのサービスを通じて、施設の魅力向上を図ってまいります。

【「高飛車」概要】
■開 業:平成23年7月16日(土) ※予定
■総工費:約30億円 ※予定
■コース全長:約1000m
■最高速度:100km/h
■最大落下角度:121度 ※ギネス世界記録申請中
■所要時間:約112秒
■乗車定員:8名/輌(前列4名、後列4名) 
■乗車制限:身長130cm未満の方は利用不可
      年齢10歳未満及び61歳以上の方は利用不可
■料金:1000円 ※フリーパス利用可
■特徴
 ☆垂直巻上げ
  空を見上げるような姿勢で約43mのタワーを一気に垂直上昇します。
 ☆落下姿勢での一時停止
  垂直巻上げ後、下がり始めると落下姿勢のまま一時停止します。
 ☆世界最大121度の落下角度 *ギネス世界記録申請中
  垂直巻上げから一時停止後に世界最大121度の落下角度でえぐるように落下します。
 ☆リニア加速システムによる直線加速
  約63mの直線トンネル内をリニア加速システムにより一気に加速し、約2秒間で100km/hに達します。
 ☆暗闇の中の走行
  プラットホームからスタートすると建物内で真っ暗闇の走行が始まります。
  また、コースの途中でも一部屋内走行が楽しめます。
 ☆7箇所のひねり(回転)
  コース全体を通じて7箇所のひねり(回転)が楽しめます。
 ☆8人乗りの単車両
  FUJIYAMAのような連結車両タイプでは無く、単車両のため、全体的に小回りの利くレイアウトです。

住所 〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
電話番号 0555-23-2111
アクセス 電車:新宿よりJR中央線「大月駅」乗り換え富士急行線「富士急ハイランド駅」すぐ。
車:首都高速4号線から中央自動車道大月JCT経由、河口湖I.Cをおりてすぐ
車:首都高速3号線から東名高速道路御殿場I.Cをおり、国道138号線を進む(約15分)。
東富士五湖道路須走I.Cからのり、富士吉田I.C(約15分)をおりてすぐ。
営業時間 HP内営業カレンダーによる
定休日 HP内営業カレンダーによる
HP
備考



大きな地図で見る

SNSでフォローする

コメントを残す

関連記事
No articles