日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

10/15【閉店】油家

油家 2011年10月15日(土)閉店

60年近く、松山市の繁華街で営業を続け、名物のオコゼ料理などで人気を博した松山市二番町3丁目の老舗日本料理店「割烹(かっぽう)油家」が、店主小袋恒幸さん(69)の病気などにより、15日、惜しまれながら閉店する。
 同店は1953年、先代店主で父の故末雄さんが、フグや天ぷら、ウナギなどを扱う季節料理店として開業した。67年に跡を継ぎ、妻和子さん(64)と二人三脚で瀬戸内の新鮮な海の幸を提供してきた。
 オコゼ料理が加わったのは約40年前。松山市の中島近海産のオコゼを1匹丸ごと使い、刺し身と空揚げ、みそ汁の3品目が楽しめるとあって、すぐに看板メニューとなった。
 最盛期は高度成長期からバブル期にかけて。小袋さんは「オコゼが20~30匹売れた日もあった」と懐かしむ。県外にも広く知られ、有名女優らも立ち寄った。一方で、大量のオコゼを毎日確保するのが大変だったという。
 14日には閉店を知った常連客が次々と詰めかけ、オコゼ料理を味わった。長年、通い続けているという同市樽味2丁目の無職男性(73)は「特に夏は最高においしかった。老舗がなくなるのは残念で、最後はじっくり味わいながら食べたい」と名残惜しそうに話した。
ソースは愛媛新聞

住所 愛媛県松山市二番町3-7-31
アクセス 伊予鉄城南線:大街道
営業時間 11:30~13:00 17:00~22:00
(土曜は17:00~22:00のみ)
定休日 日曜・祝日
HP
備考



大きな地図で見る

SNSでフォローする

コメントを残す

関連記事
No articles